髪の太さは遺伝による?

髪の太さは遺伝に因れば大きいもの?

遺伝子 まず髪の太さですが、この点は遺伝による作用が大きいと思います。元来太い髪質の人もいれば、猫っ毛並みのほそ?い髪の人もいらっしゃいます。

わたしも細い髪質で猫っ毛ですが、そう言われてみれば親も祖父も同じような髪質です。

ですが、だからといって髪の太い人は細くしたくてもそう簡単にはできないし、きゃしゃな人が太くするのも骨が折れます、と言うかまず太く出来ないのでは?

なので、M字ハゲには、M字ハゲ用のケアと言いますか、こういった方法もあります。スヴェンソン 増毛

はっきり言って髪の毛が太い人のほうがボリューム感はありますし、羨ましくなるもの腑ふに落ちるんですが・・・ 見るからに髪のボリュームが減少したと知覚している人は、厳しいですが髪が痩せこけたというよりも「髪の絶対量」が減少したと言った方が正確です。

薄毛になってしまう前は髪が痩せ細るので、ボリュームが減ると「細くなった!」と考えがちですが、以前から太さに関しましてはそこまで変わっていないはずです。

抜毛の中に細い毛が混入する この男性すごく毛がたくさん。先日友人の知り合いのの知り合いが全然薄くなっていないのにも係わらず薄毛で悩んでいる話を聞いてくれと、悩みを聞いたようです。

その話をしていきます。

その内容とは「つむじがU字になってきて。インターネットでチェックしていたら、抜毛の中に細い毛が見られるとヤバイと書いていた。というもの。

なんでも、その人は月に2回シャンプー時の抜け毛を丸ごと収集して、抜け落ちている本数と細い毛の本数を調べた。150本くらい抜けてあって、細い毛は5割くらいだった。」と言われると、通常は「それだとハイリスク!」と評価するでしょうとのこと。

ネットで調べても、それ相応の本数が抜け落ちていて、細い毛が抜けていると危ない!と記載されているものばっかりだったようです。 それを聞いた友人がその男性に聞いたようです。「で、抜毛の本数を確認するのはどれぐらい前からやっているの?」と。

すると、この男性は「2年くらい前から2ヶ月に1回数えることにしている」と。 他にも友人が聞いたのが、と言うか本当に一番大事な質問はここからです。「では、この抜毛の本数と細い毛の比率の軌跡を辿っているか?それについては見解は?」と尋ねたようです。 あっ、ちなみに友人は美容師です。

すると、その男性の回答は、「抜毛の本数はあんまり変化していないし、細い毛の割合もおそらく変わてない。」 ん?それって・・・これに関しては、どういったことかお判りでしょうか?

つむじはは変わってるけど、毛が少ないのは進行していないと言うことになりますよね。抜け毛の本数なんて個人個人で差があるし、細い毛なんて誰もが抜ける。毛の総本数が過多になると、抜け毛の量も多いのは事実だとか。

「まさしくこんな風でなければならない」抜け毛の本数は細い毛の比率と比べて・・・などとそんなややこしい理論は要りません^^;

全部人多種多様なのです。これを画一的に発してしまう人は、なにひとつ現実や現場を知らない耳年増の知識だけの人です。

テニスの基本的な法則や作戦に詳しいとかサッカーのルールやセオリーに詳しいけど、現実にボールを蹴らしたり、バットで打たせたり、走らせたりしたら、つゆほども何一つできない人と同じです。

ウェブ上のデータベースには、そんな知識だけの情報が多くあるので、気を付けた方が良いですね!とこの男性にアドバイスしたとのこと。

ポイントは「いずれの、どなたで、何をしている人のメッセージか、記事か、が明瞭になっていない情報は、信用するのに値しません」そして、ああいった情報だけの人は、現実の情報源がありませんから、どこかから情報を探し出してきているはずです。

いずれの誰で何をしている人か知らない時は、「このサイトに執筆しているデータは、何処でサーチしたのか?」をお訪ねしてみることをおすすめします。