髪が細めの人はストレートになりづらい

髪が細めの人はストレートになりづらい

髪が細めの人はストレートになりづらいのです。どうして髪が細いと伸びにくいのでしょうか?

まず第一に考えられることはストレートをしていると毛先のダメージがとんでもないことになってしまっている
第2に髪のメカニズムはカッパ巻きみたいなのですが、パーマはこのカッパ巻きのご飯とお酢にきくらしい。 因って食事を減らした人は成果が得られないケースがあります。

とりわけ生え際の髪などはとんでもなく髪がか細いため伸びにくい。

髪が細い=薄毛、ハゲやすいのではございません。髪が細いとボリュームが出づらい為、ボリュームが多くない・禿げやすいという認識が存在しているかもしれませんが一括りにしてそうとも決め付けられません。

髪の太さには個々に差が出ます。髪を太くする原因としては男性ホルモンが生じてくるのですが、男性ホルモンが過多になるとハゲやすいことが多いです。今の時代は「あれ?」と思う方もいらっしゃることでしょう。そう、ホルモンという部分から判断すると 毛髪が太い=男性ホルモンが多い=はげ頭になりやすいのです。

ならばなぜ髪が細いと髪の毛が少ないハゲてしまうという印象があるのでしょう。これは加齢のせいで髪がなくなるまでの最中に髪が痩せていくためにできた認識なのです。

髪の毛を太くするのは無謀だ? 髪の太さを太くする事は可能だと考えます。髪の毛は一番食事やライフスタイルに依存していますのでそれらのものを検証していけば太くすることもあり得るのです。

食事は脂ギッシュのものを控えて栄養状態の良い食べ物をとるという事が原則です。 次にライフスタイルですが、これは主に眠りです。

髪の毛の約9割はタンパク質で生成されていますが、そのタンパク質の調合を引き出すのは成長ホルモンです。この成長ホルモンは、副交感神経の繋がりによるもの。

なので、夜10時〜深夜2時の時間に一番快活に働きます。わかりやすく言うと、成長ホルモンの分泌が活発になる10時〜2時のゴールデンタイム4時間は可能ならば眠ってください。

そうは言っても勤務していたりするとそう簡単には10時に眠りにつくということはハードルが高すぎるものです。ですので週に2,3日でもOKですのでこの4時間を快眠にあてられる日を組んでください。

お手本として、ゴールデンタイムは横たわっていたほうがいいものですが、人間は生体時計を潜在意識でコントロールする事ができます。連日12時に眠る人であるのならば、体は11時以後には眠たくなり始める。といった有様です。

これって成長ホルモンの分泌時間内でも関連していて、常日頃から同時間に寝ていたらゴールデンタイムも若干ずらす事ができちゃいますようで。でなので、なかなか10時から2時に寝ることができないケースは、布団に入る時間を明確化して暮らすよう心がけてください。