白髪染めのマイナスポイントとは

白髪染めのマイナスポイント

白髪染めがよくないというわけではありませんが、バランス化は非常に難しいと考えてください。年齢らしく白髪を染められれば問題ないのですが、現実的にはそうでない方が多数認められます。

如何にも「白髪を染めしてる」いうような、真っ黒な髪のオッサンをちょくちょく見る機会があります。

肌の老い具合と髪の色のバランスがとても劣悪で、髪だけ黒々していると頭だけが浮いてみえていかにも不自然。

髪が浮いて見えてしまうと

「例の人、ズラではないか?」

と評価されているかも。高だか白髪でズラ疑惑です。デメリットが強烈です。

より一層白髪染めに左右されて頭皮へのダメージが見られるケースがあります。これまた薄毛で苦しんでいる中年男性にはでかいデメリット。

白髪染めのデメリット

洗いながら染めるマニキュアタイプの白髪染めのメリットは、シャンプーするだけの楽なやり方により白髪染めができるわけです。

常日頃からし続けることで少しづつ染まるため、周囲にばれずに自然に白髪を染める事が出来ます。

デメリットとしては、効果が現れるまでの時間がかかるでしょう。連日使うことでだんだんと染め上がるというのがマニキュアタイプの白髪染めの特徴です。その為、ジンワリとナチュラルな感じで染まっていくでしょう。
トリートメントタイプの白髪染めは、髪や頭皮に損傷を与えず、皮膚などに付いてもすぐに楽に洗って流せるくらい。これもメリットですので、美容院に足を運ぶよりもリーズナブルに白髪を染める事ができ、生え際白髪の改善策も可能だというメリットが存在します。

けれどもデメリットにおいては、使用した当日から完璧に染まらないという点やシャンプー後ある程度の時間以上放っておく必要があるという点があります。

自分で染める状況でのメリット・デメリット おウチにいながらの白髪染めの利点は、何がどうあれ手軽なことです。

白髪染めといえば少々困難な物といったイメージも見られますが、美容室に比べるとあっという間に終了しますし、カラートリートメントやカラーリンスはいつものお風呂場でやれます。間違いなく、料金もそれほど掛かりません。

また、美容室での白髪染めは1度でバッチリ染めることが求められるので、必然的に使う薬剤は強烈物になりやすい。

一方、おウチで行うカラーリンスなどは連日チビチビ利用していくために刺激がなく、保湿成分などで髪への損傷を抑えることも不可能ではありません。

課題としては、自分じゃ確認しづらい後頭部や側頭部をいい感じに完成させるのが困難で、ときどき塗布残しやムラが出る点です。鮮明に染めるには、しかるべき技術力を求められます。

カラーリンスなどは普段からず〜と継続し続けなければいけない所も、デメリットといえば欠点といえます。

全体としては、日頃の白髪染めは自らが行い、どう頑張っても一人で何とかできない場合、全体をバッチリ染めたい時にだけ、美容室を選択するのがちょうど良さそう。