お洒落染めと白髪染めの相違点について考えてみた

お洒落染めと白髪染めの相違点

自分じゃ「少々白髪が増えたな」などと思って美容室で依頼しても、「いまだにお洒落染めでも問題ないです!」と美容室に言われたいう人もおられるのではないだろうか。

気付かぬうちに白髪が誰の目にも明らかになってきたけど、当たり前にかっこ良いヘアカラーでは対処不可能になってきたと考えられる方のために白髪染めと御洒落染めの相違をご提案します。

白髪染めは、白髪をわからないようにするためのですよね。御洒落染めとは色の作成方法が異なっています。

白髪染めと御洒落染めと比較したら、染毛力以外に、ブリーチパワーも違うはずです。

ブリーチ力については、髪のキューティクルをはぎ取ってメラニン色素を薄くする力です。

黒髪を染める御洒落染め程、白髪染めよりもブリーチ力は強固だと評されています。

すなわち、ブリーチ力がか弱くてて染毛力が強いのが白髪染め、ブリーチ力が強力で染毛力が貧弱のが御洒落染め、だということです。

髪の毛のカラーリング剤のなかでもばっちり染まって、色落ちしにくいのがヘアカラーです。大差ないヘアカラーでも白髪染めと御洒落染めでは色の作成方法が違って来るため、根本的に御洒落染めで白髪を理想的に染めることは不可能です。

反面、白髪染めは白髪をわからないようにするもので、白髪ばかりか黒髪も同程度色に染める場合があります。

近頃明朗な色から落ち着きのある色までラインナップも豊かになり、白髪が少々明白にではじめたというフレッシュな方も御洒落染め変わらない感じで白髪染めを使用できるようになってきました。

いまどきの男子たちは、美に対する意識が高め

例えば、かつては男子が美容院を選ぶことはなかったし、化粧水を利用するケースもありませんでした。

それが、今の20〜30才代の人は、あたり前のようになっており、白髪染めも髪への損傷を考える男子が増加してきているのが現在の状況なのです。

これに付随して、運営者は白髪染め トリートメントすることが望ましいのです。

しかしながら!

男性と女性には基本的に習性に差があることも真実です。

男性は常日頃からや週に2回も白髪染めをするのが面倒くさい!というお声も聴きます。

そうした方は、効き目のあるヘアカラーがちょうどいいと思います。

女性の白髪染めのセレクトの仕方も同じことが言えそうですが、やっぱり、ご利用になる方が髪へのトラブル?影響力?価格?などどういうところを優先するかをよく掘り下げてセレクトすることが良いのです!